プラセンタ療法(保険外診療)

名古屋循環器科・内科では、プラセンタ療法をおこなっております。
プラセンタとは、どんな治療法であるのか、どんな効果があるのかをご説明します。

プラセンタとは?

「プラセンタ:placenta」とは英語で「胎盤」という意味を持ちます。
「胎盤」は人間の場合10か月の間にたった1個の受精卵を約3kgにまで成長させるという重要な組織です。

プランタの成分

プラセンタはタンパク質や酵素、ビタミン、アミノ酸、ミネラル、糖類の他に数百種類の成分が含まれています。

プラセンタの効能

まだまだ解明されていない部分が多いながらも様々な効果を発揮しています。
自然治癒力を高め、細胞を活性化して身体の悪い部分を改善したり、老化を遅らせたりします。

主な効果

美肌、美白、シミ、更年期障害、肩こり、肝臓病、免疫強化作用、疲労回復などです。

治療方法

皮下注射です。
細い注射針を使用するので痛みはほとんどありません。最初の1、2か月は週1〜2回。その後は1〜2週間に1回くらいが目安です。

副作用の心配は?

まれに注射部位に赤みやかゆみが生じる場合がありますが、すぐに消失するので心配ありません。

費用について

1回1,200円(税込み)です。